真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

ネットワークが広い阿含宗の東海本部

  • 2016年01月12日

阿含宗東海本部は名古屋市中区にあり、浜松道場・岐阜道場・三河道場・三重連絡所の3道場・1連絡所を統括しております。

阿含宗東海本部では毎月1日に「朔日縁起宝生護摩」が、16日に「冥徳祭」が、月末の土日には「解脱成仏法要例祭」と「宝生解脱法要例祭」がアゴンネットワークシステムにより中継されます。いずれも功徳の大きい護摩法要で、多くの参詣者が集まります。

阿含宗に入信すると「仏舎利宝珠尊解脱宝生行」という修行法が授かります。これはお釈迦さまのご聖骨である真正仏舎利尊の御分霊、「仏舎利宝珠尊御宝塔」を本尊にとして行う因縁解脱法です。因縁とはもともと、仏教で説く「ものの存在の原理」ですが、ここでは「人を不幸に導く運命の星」と考えていただければよいでしょう。その不幸な運命を断ち、幸運を招来して、理想的な人生を創造することが「因縁解脱」です。

人は皆、幸福を望み、自分なりの努力を重ねます。しかし、どれほど努力しても、いや努力すればするほど、逆に不幸への道を歩んでしまうことがあります。そのような場合、因縁の影響を疑うべきだと思います。因縁をそのままにした状態では、決して人は真の幸福は得られず、因縁の敷いたレールにしたがって人生を歩むことになるのです。自分自身で自由自在の幸福な人生を歩むには、因縁解脱が必須だと言えます。

阿含宗東海本部には相談コーナーもございます。悩みをお持ちの方は、一度ご相談に訪れてはいかがでしょうか?