真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

東海本部で東海地方の阿含宗寺院の定例行事を聞く

  • 2016年05月30日

東海地方にも阿含宗の寺院をはじめ、道場や連絡所が多く存在しています。東海地方にお住まいの方の中には、阿含宗の定例行事などに興味を持ち、細かい日時や参加するための方法を知りたいという人も多いのではないでしょうか。そういった方は、ぜひ東海本部にお問い合わせください。この本部は東海地方にある阿含宗の道場や連絡所を統括する役割を持っているため、月や年ごとの定例行事の日時や参加方法など、さまざまな事を問い合わせて聞くことができます。また一部の年行事は東海本部でしか行われないものもありますので、そういった事も含めて東海本部へお問い合わせをしてみると、定例行事への参加などを考えた場合には良い手段と言えるでしょう。

阿含宗の定例行事には、毎月行われるものと毎年行われるものがあります。毎月行われる定例行事には、まず毎月1日に行われる朔日縁起宝生護摩があり、この他には毎月16日には冥徳祭、毎月下旬の土曜日と日曜日の2日間は例祭が行われます。例祭などは道場などでも行われますが、他の定例行事には本部でしか行われない行事もありますので、参加や見学を考えている場合はぜひお問い合わせください。道場でも行われるのか本部でしか行われないか、細かい日時や参加するためにはどのようにすればいいかなど、細かい部分まで対応できるようになっています。

毎年行われる行事には2月11日に行われる阿含の星まつり、春分の日と秋分の日に行われるお彼岸法要、そして4月8日には花祭り、5月5日には京都大仏祭があります。ただ、4月に行われるもうひとつの定例行事である世界平和祈念聖菩提樹大供養祭は毎年日時が決まっているわけではなく、4月上旬の土・日曜日としか定められていません。これはお釈迦様の誕生日に近い土日に行うと決められているためであり、毎年日時が変わるので参加したい場合はぜひ本部やお近くの道場へお問い合わせください。

阿含宗は1978年と比較的新しく立宗された仏教の宗派のひとつで、鎌倉時代以来となる新しい宗派となっています。阿含宗ではお釈迦様が説かれた因縁解脱法が記された唯一の経典である阿含経を依経としており、現在の日本では唯一仏教本来の目的である成仏を目的とした宗派と言えるでしょう。現在日本で広く知られている経典は、そのほとんどが大乗経典と呼ばれるお釈迦様が亡くなった後に創作されたものです。そのため大乗経典には仏教の目的である因縁解脱法が記されておらず、ただの倫理や道徳を説くものとなっています。仏教本来の目的を目指すための経典として、阿含宗の依経である阿含経は非常に重要なものだと言えます。