真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

東海本部は阿含宗の布教に努めている

  • 2016年11月25日

阿含宗の立宗は1978年です。したがって、日本の伝統的な各宗派と比べれば、その歴史は浅いと見られるかもしれません。しかし、阿含宗の依経(えきょう=宗派の依りどころとなる経典)は、「仏教開祖の釈尊とその直弟子たちの教法を伝える唯一の経典」である『阿含経』であり、日本のどの伝統宗派もこの『阿含経』を奉じてはおらず、依経はいずれも釈尊の説かれていない大乗経典ばかりです。また、「釈尊の教法を知るには『阿含経』に依るしかない」というのは、決して我田引水の論ではなく、現代の仏教学では常識となっています。ですから、一見すると歴史が浅いように見える阿含宗のみが、実は最も古く、さらに最も正統的な釈尊の法統を嗣いでいるのです。

ちなみに日本でよく知られている各経典は、
『般若経』……釈尊の入滅後600〜800年後に成立
『法華経』……釈尊の入滅後600〜800年後に成立
『華厳経』……釈尊の入滅後600〜800年後に成立
『無量寿経』…釈尊の入滅後600〜800年後に成立
『大日経』……釈尊の入滅後1200〜1300年後に成立
となっております。
このことからも、『阿含経』と阿含宗の正統性が理解できることでしょう。

阿含宗では、修行や礼拝を行う場所のことを「道場」と呼びます。現代人が「道場」と聞くと、剣道や柔道の修行場を思い浮かべると思いますが、これは本来、仏道の修行場を指すものでした。

阿含宗の道場は全国各地にありますが、東海地域にも計6カ所の道場を構えており、その中心となるのが、名古屋市中区の東海本部です。仏教の道場と聞くと日本式寺院を想像されるかもしれませんが、阿含宗の東海本部はレンガ風の近代的な建物で、山王橋交差点のすぐ近くにあり、最寄りの駅から歩いて10分ほどの距離です。

阿含宗の本尊は釈尊のご聖骨である真正仏舎利尊ですが、東海本部にはその真正仏舎利尊の「障害打破」「災難消滅」「願望成就」などの力の顕現とも言える、深紅の龍神赤不動明王が、真正仏舎利尊とともにお祀りされており、多くの人がお願い事の成就を祈って、この龍神赤不動明王を参詣されております。また、この東海本部では、秘伝・密教占星術をもとにした、人生相談を行っており、信徒だけに限らず、どなたでも相談することができます。

また、阿含宗では、「霊(みたま)の安らぎなくして国土の安らぎはなく、霊の鎮めなくして家庭の安穏繁栄は望めない」という理念の下、釈尊の説かれた成仏法に基づく、本当に正しい先祖供養を行っております。これは個人個人の先祖供養はもとより、その地域にかかわるお霊の供養も含んでおります。私たちは各家系の先祖、そして地域にかかわる先人のお霊という根の上に成り立つ、樹木のようなものです。したがって、その樹木である私たちが葉を茂らせ、花を咲かせて実を結ぶには、根である先祖・先人のお霊を正しく供養する必要があります。

阿含宗東海本部では「真の仏教」、そして「正しい先祖供養」を人々に布教することに努めています。
「真の仏教とは何か?」
「本当に正しいお霊の供養とはどういうものか?」
と興味を持たれた方は、どうぞ阿含宗東海本部へお問い合わせください。